ピアノに魅了されている人は、どんなところに魅力を感じているのか?

ピアノに魅了されている人は、どんなところに魅力を感じているのか?

楽器の中でも、トップクラスの人気があるピアノ。その人気の理由には、どういった要素があるのでしょうか?ひとつには、その音域の広さ。7オクターブもの音を表現することができます。88個の鍵盤があるのがピアノの特徴。この音域はオーケストラのあらゆる楽器の音域をカバーするほどの広さですから凄いですね。
 
高い音域になりますとピッコロの音色です。低音域はチューバの一番下の音よりも低い音なのです。こういった音域を持つ楽器だから「楽器の王様」と呼ばれるのです。1台のピアノでオーケストラと対抗できるパフォーマンスができるのです。
 
こういったピアノ持つオリジナリティー溢れる音色に惹かれてピアノの世界観に魅せられ、演奏してみたい人が後をたちません。また足元のペダルも独特です。
 
ペダルをいれないで鍵盤を叩く音色と、ペダルを踏み込んで出る滑らかな音。こういった音色の違いも楽しめます。音色が好きな人には、演奏するのが溜まらなく楽しい時間になります。バイエルなど、初心者が演奏する練習曲から、プロフェッショナルなピアニストが演奏するハイテク演奏も同じように魅力的な音色です。
 
ピアノを習っている人には、レパートリーの曲の豊富さも魅力になります。ビギナーのときから上級者に進むまで飽きることはないです。作風のバラエティーに富んでいることも、一生の趣味にできる要素ですね。ピアノ演奏を頑張る人にとって、簡単に上達できないところは、満足度も高い。一曲が完成した時、弾きこなせた時の達成感・充実感が大きいのもピアノが好まれるのでしょう。
 
ピアノのことを知れば知るほど魅力がある楽器だと感じられる!
趣味で楽器を弾いてみたいな……そんな風に思う人は、ちょっと生活に一区切りついた人なのでしょうか。生活ゆとりができたらピアノを習ってみたい人は多いです。幅広い世代に趣味として習う人が多い人気の楽器がピアノです。
 
ピアノは、細かい部品からでている複雑な構造になっています。調律師がいるほどのデリケートな楽器。使用されている素材も木材だけではなく、金属や銅が組み合わさっています。どのようにして音がでるのでしょうか?
弦をハンマーの役割のパーツで打つことで音がでます。
 
音の高さの違いを表現するには、弦の長さがポイントになります。鍵盤の部分を押すことで音がでるようなメカニズムです。ピアノと言っても種類が分かれています。アップライトピアノとグランドピアノです。先に誕生したのはグランドピアノのほうです。そのあと150年後にアップライトピアノが登場します。
 
グランドピアノは奥行きがありますから、広い場所が必要になります。しかし、アップライトピアノはコンパクトなスタイル。重量も軽くなりましたから、手軽にピアノを趣味で始めるならば向いているでしょう。木目調のアップライトピアノのデザインならば、お洒落感もありますし、部屋にもマッチしやすいです。
 
グランドピアノは力強い音が出しやすいのが特徴。その一方で、繊細な音も表現しやすいから優れています。グランドピアノはピアノが本来持っている音を表現豊かにできます。自然と演奏技術も高まりますから、本格的に演奏したい希望がある人に大部分がグランドピアノを選びます。
 
ピアノの魅力は、同時にいろいろな音が出せること。独りで演奏することもできるのですが、二人で連弾をすると凄く迫力があります。連弾をすると曲が厚みを増します。ダイナミックな演奏を楽しめるでしょう。





  スタインウェイ 中古

ミキシング

グランドピアノ 中古